清水沢駅【JR石勝線】

清水沢駅舎・大夕張鉄道ホーム
1-2番線ホームから。手前に見えるのは大夕張鉄道のホームです。
所在地北海道夕張市
清水沢3丁目
開業日明治30年2月16日
訪問日平成15年1月12日
みどりの
窓口
なし
キヨスクなし
駅弁なし
飲料
自販機
あり
トイレあり
備考・窓口あり(日曜定休?)
清水沢駅・切符

■ Report ■

今でこそ静かな単独駅ですが、昭和62年7月までは三菱石炭鉱業鉄道・大夕張鉄道が分岐していて、賑やかな駅だったようです。今でも大夕張鉄道の廃線跡が駅舎と石勝線のホームの間に残っているので、構内はとても広く、とてもローカル単線の駅とは思えません。この日は天気が良く、レールが撤去された跡が雪で隠れていたためか、廃線跡特有の寂しさはそれほど感じませんでした。周辺には特に見所はありませんが、待合室にはストーブがついているので、待ち時間も快適に過ごせます。また、夕張支線の駅では唯一窓口(みどりの窓口ではない)がありますが、この時は閉まっていました(日曜日の13時頃)。

■ Photo ■

清水沢駅・入口
清水沢駅入口。
清水沢駅舎・全体像
駅前(南側)から。農業倉庫のような外観で、どっしりとした感じで貫禄があります。
清水沢駅前の商店街
駅前の商店街(南清水沢方面を望む)。日曜日だったためか閉まっている店が多く、人通りはほとんどありませんでした。
清水沢駅・石勝線ホーム1
ホームは1面2線。清水沢は夕張支線で唯一交換可能な駅ですが、実際には交換は行われていません。
清水沢駅・石勝線ホーム2
列車が去り、静まり返った石勝線ホーム。手前にはかつて大夕張鉄道が発着していました。
大夕張鉄道のホームと跨線橋
大夕張鉄道のホームに立ち、南大夕張方面を望む。この立派な跨線橋も、「遺構」と言えるかもしれません。
清水沢駅・自動券売機
夕張支線の中では、唯一自動券売機があります。しかし千円札が使えず、窓口が閉まっている時はオレンジカードと硬貨しか使えません。
清水沢駅・待合室
待合室内部。ストーブを取り囲む椅子一つ一つに座布団が置かれていて、身も心も温かくなりました。
タブレット交換
タブレット交換風景。(平成16年3月7日廃止)

【Amazon.co.jp】 日本鉄道旅行地図帳 1号 北海道―全線・全駅・全廃線 (1)

■ ご当所力士 ■


清水沢駅【JR石勝線】  「Delicious Way」 トップページ
Copyright(C) Shimokita Mutsuo.