分倍河原駅【JR南武線・京王線】

分倍河原駅舎 所在地東京都府中市片町2丁目
開業日昭和3年12月11日(JR)
大正14年3月24日(京王)
訪問日平成20年8月8日
みどりの
窓口
なし
売店A LoT
駅弁なし
飲料
自販機
1・2番ホーム
トイレ2番ホーム(立川方)
備考・昭和4年12月?日改称
 (屋敷分→分倍河原)
分倍河原駅切符

■ Report ■

南武線と京王線との連絡駅で、利用客が多い割には駅構内が非常に狭いです。南武線ホームはエスカレーターがなく、階段も上下ホームに1つづつしかないため、列車が発着するたびにラッシュ状態になります。駅は京王電鉄が管理しているため、みどりの窓口もKaeruくんもありません。売店もキオスクではなく京王のA LoTが入っています。平成20年度中には谷保との間に新駅「西府」が開業する予定です。

■ Photo ■

分倍河原駅名標
分倍河原に来たのは、西府が開業する前に駅名標を撮るためです。この後谷保にも行きました。
分倍河原駅ホーム・西府方面
西府方面を望む。立体交差しているのは手前が跨線橋、奥が京王線です。
分倍河原駅改札
JRと京王線の改札のほか、左奥に連絡用改札があります。中央にいる人は京王の駅員で、JRの駅員は配置されていません。
分倍河原駅前・新田義貞
駅前には新田義貞の銅像が。

【Amazon.co.jp】 JR東日本全線鉄道地図帳 Vol.8 決定版 八王子支社管内


分倍河原駅【JR南武線・京王線】  「Delicious Way」 トップページ
Copyright(C) Shimokita Mutsuo.