利府駅【JR東北本線】

利府駅舎 所在地宮城県宮城郡利府町森郷
開業日明治27年1月4日
訪問日平成15年3月23日
みどりの
窓口
あり
売店なし
駅弁なし
飲料
自販機
あり
トイレあり
備考・利府町コミュニティセンターあり
・テレビあり
利府駅切符

■ Report ■

岩切から分岐している盲腸線の終着駅ですが、利用客が多いため寂しい感じはなく、駅舎、ホームともきれいです。元々は東北本線の一中間駅で、昭和31年7月に現在の海沿いのルート(海線)が敷設されると、勾配のきつい利府廻りより海線が本線として使われるようになり、37年4月に海線の複線化に伴い利府−品井沼が廃止され、岩切−利府が支線となりました。ホームは1本しかありませんでしたが、宮城スタジアムの最寄駅のため、ワールドカップ開催前に輸送力強化を図り、対面に新しいホーム(2番線)が出来ました。しかし、現在は全て1番線から発着しており、せっかく作ったきれいな2番線は使われていません。駅舎は利府町コミュニティセンターを兼ねていて、中にはテレビもあるので、待ち時間も退屈せずに過ごせます。

■ Photo ■

利府駅舎2
駅正面から。ワールドカップ開催時にはさぞかし賑わったことでしょう。
利府駅ホーム
頭端式ホームの先には車庫が見え、かつてこちらが本線だったことが窺えます。
利府駅改札口
改札口。
利府駅前
駅前(西側)。左手にスーパー、さらにその左前方にはローソンもあります。

【Amazon.co.jp】 JR東日本全線鉄道地図帳 Vol.5 決定版 仙台支社管内編


利府駅【JR東北本線】  「Delicious Way」 トップページ
Copyright(C) Shimokita Mutsuo.