下河原線廃線跡ウォーク

その1 【国分寺駅〜晴見町二丁目交差点〜航空自衛隊府中基地】

下河原線は明治43年、「東京砂利鉄道」として開業した7.1kmの路線で、中央本線の国分寺駅から分岐して下河原(現在の東京都府中市南町5丁目)を結んでいました。当初は貨物営業のみで、その名の通り多摩川の砂利を下河原から国分寺を経て都心に輸送していました。その後昭和9年に東京競馬場前駅への支線を開業し、旅客営業を始めましたが、昭和48年に武蔵野線開業に伴って廃止、昭和51年には貨物も廃止され歴史に幕を下ろしました。廃線跡のうち、甲州街道の南側から東京競馬場前駅方面および中河原駅付近までは下河原緑道となっていて、地元住民の生活道路になっています。
ちなみに「下河原線」というのは通称で、正しくは中央本線の支線です。しかしこのページでは「下河原線」と表記しています。

その2・晴見町二丁目交差点〜競馬場方面支線分岐点〜東京競馬場前駅
その3・競馬場方面支線分岐点〜下河原駅〜多摩川


国分寺駅



国分寺駅の西側にある花沢橋から撮影。ちょうど丸井があるあたりに下河原線のホームがありましたが、面影は全く残っていません。
下河原線レール(国分寺方)


花沢橋から西国分寺方向を見ると、下河原線のレールが残されているのが見えます。手前と真ん中が中央本線で、一番奥の車止めがあるのが下河原線のレールです。西国分寺駅の少し手前まで約500m残っています。
下河原線レール(西国分寺方)


西国分寺方のレールの端。郵政宿舎のC棟の北側の道路から見えます。下河原線はこのあたりから本線と分岐して南へ進路を変え、武蔵野線に合流していました。上の写真からここまでが、唯一現役当時のまま残されている部分です。
中央鉄道学園跡地


中央線から分岐して武蔵野線に合流するカーブのあたりに、国鉄の教育施設である中央鉄道学園がありました。今は高層マンションなどが建っていて面影はほとんどありませんが、敷地の一部が武蔵国分寺公園になっていて、蒸気機関車の動輪を模した記念碑があります。
鉄道用地杭


多喜窪通り沿い、国分寺障害者センターの前に鉄道用地杭が残っていました。これは下河原線というより中央鉄道学園の廃止跡で、ここまでが中央鉄道学園の敷地だったということになります。「工」のマークは国鉄の鉄道用地であることを示す杭で、ここに鉄道があった証です。
武蔵野線との合流地付近



西国分寺駅の南側、府中街道の西側にあるマンションとマンションの間を通って武蔵野線に合流していました。左が府中方面、右が西国分寺方面。
武蔵野線との合流地付近



上の写真の近影。この三角地帯がまさに廃線跡です。武蔵野線に合流する直前あたりです。
鉄道柵



府中街道から信号「国分寺四中入口」を西に行くと、武蔵野線のガード沿いに下河原線時代のものと思われる鉄道柵が残っていました。ここから東八道路をオーバークロスするあたりまで結構残っています。
府中刑務所



府中刑務所。下河原方面から府中街道を横切って引込線が出ていて、車の後ろに見える扉から入っていました。左が国分寺方面、右が府中方面です。
北府中駅から



北府中駅から下河原方面を望む。下河原線で唯一の途中駅でした。武蔵野線はこの先で地下に入り、下河原線は単線になります。右側のレールは東芝府中工場への引上線です。
晴見町二丁目



府中街道と富士見通りの交差点、晴見町二丁目の信号。左が国分寺方面、右が府中方面です。ここから航空自衛隊府中基地まで支線が分岐していました。まずは基地方面へ行ってみました。
府中の森公園前



晴見町二丁目から富士見通りを東へ行くと、府中の森公園に突き当たります。この間は特に遺構は見当たりませんでした。
府中の森公園入口



府中の森公園の入口。レールはこのあたりを突っ切っていたようですが、きれいに整備されていて、下河原線の面影は全く見られません。
府中の森公園テニスコート



公園内の南側のテニスコートの前。レールはこのあたりを手前から奥に向かって走っていて、このままテニスコートを突っ切り、自衛隊基地へ延びていました。もちろん当時はこの桜の木はなかったでしょうけど。
府中の森公園サッカー場



テニスコートを抜け、その隣のサッカー場も抜けると何やら意味ありげな目印(?)が…。関係ないかもしれませんが、古い地図を見るとちょうどこのあたりを走っていたようです。右に写っているフェンスはサッカー場です。
航空自衛隊府中基地



柵の向こうが航空自衛隊府中基地です。支線はこのまま基地内まで延びていました。矢印の外灯が目印です。

その2・晴見町二丁目交差点〜競馬場方面支線分岐点〜東京競馬場前駅
その3・競馬場方面支線分岐点〜下河原駅〜多摩川

【Amazon.co.jp】 鉄道廃線跡を歩く(1) JTBキャンブックス


下河原線廃線跡ウォーク(その1)  「Delicious Way」 トップページ
Copyright(C) Shimokita Mutsuo.