下河原線廃線跡ウォーク

その2 【晴見町二丁目交差点〜競馬場方面支線分岐点〜東京競馬場前駅】

その1・国分寺駅〜晴見町二丁目交差点〜航空自衛隊府中基地
その3・競馬場方面支線分岐点〜下河原駅〜多摩川


晴見町二丁目



府中街道の晴見町二丁目の交差点に戻り、下河原方面を目指します。左が国分寺方面、右が下河原方面。
武蔵野線

武蔵野線がちょうど地下に潜る地点で、下河原線はここから単線になります。府中街道から信号「市民球場前」を西へ100mほど行った所です。左側の車止めがある所は、今は東芝府中工場(矢印)への引上線ですが、かつては下河原線に続いていて、武蔵野線が開通して旅客営業を廃止した後も、しばらく砂利輸送を行っていました。手前が府中本町方面、左端の建物はホームセンターの島忠。
ケーズデンキ



上の写真のちょうど反対側です。線路はこの歩道ではなく、自販機がある所を走っていました。右の建物はケーズデンキ、左奥のワゴン車の後ろは府中市の福祉施設です。
鉄道用地杭



福祉施設と歩道との境界に鉄道用地杭が数本残されていました。ここに鉄道があったという証ではありますが、なぜ残したんだろう???
下河原線広場公園



ケーズデンキと福祉施設の間の歩道を抜けると、下河原線広場公園があります。ご覧の通りレールが敷かれていて、枕木で作ったホームや待合室らしきものもあり、廃線跡散策の休憩場所に最適です。
下河原線広場公園




チューリップが車止め?
下河原線広場公園




待合室は照明完備です。しかし、ここに駅があった訳ではありません。
甲州街道



公園を出ると甲州街道にぶつかります。渡った先から下河原緑道になっていて、廃線跡ウォークはぐっと楽になります。奥に見える高架は京王線です。
下河原緑道案内図


下河原緑道に入り、京王線をくぐったあたりにあった地図。黄色い部分がまさに下河原線の廃線跡です。この地図では南武線が緑道をオーバークロスしていることになっていますが、正しくは緑道が上で、下河原線時代も上を走っていました(拡大写真)。
レール跡



京王線の高架から100mぐらいのところにもレールが残されていました。残されていると言うより敷かれていると言った方が正しいかもしれませんけど。この交差点を左(東)に行くと府中駅前に出られます。
下河原線の歴史



上の写真の交差点を渡ってすぐ左手にあった下河原線の歴史が書かれた看板。この柱は枕木っぽいですね(拡大写真)。
旧甲州街道



旧甲州街道との交差点。左が府中方面、右が国立方面。
下河原線踏切事故者供養塔



旧甲州街道との交差点の北側、上の写真のちょっと手前に、「下河原線踏切事故者供養塔」と書かれた石碑がありました。小さいので気づきにくいですが、きれいな花が供えられていました。
歴史と文化の散歩道



旧甲州街道を渡った所にある観光案内板。左側が「歴史と文化の散歩道」の案内で、右側が下河原線の写真と説明文。
みょうらいばし

上の写真から100mほど進むと、南武線をオーバークロスしていた地点にさしかかります。この橋は「みょうらいばし」といい、廃線後に緑道を整備する時に作り直されたようです。橋の名前は一方の端に平仮名、もう一方の端には漢字で表記されていることが多いですが、ここはなぜか両端とも平仮名表記でした。写真奥が下河原方面。
南武線



「みょうらいばし」から南武線を眺めてみました。南武線は南多摩−府中本町間から武蔵野貨物線と並行しているので、貨物列車がよく走ります。写真奥が分倍河原方面、手前が府中本町方面。
鎌倉街道



鎌倉街道との交差点。左が府中本町方面、右が分倍河原方面。
東京競馬場前支線との分岐点



下河原へ向かう本線と東京競馬場前への支線との分岐点。左が東京競馬場前方面で、唯一旅客専用の区間でした。まずは競馬場方面へ行ってみました。
東京競馬場前駅構内



分岐点から200mほど進み、「保育所前」の信号を渡ると道が広くなっています。このあたりから東京競馬場前駅の構内になっていたのでしょう。
電車ごっこ



構内跡には電車ごっこをしている子供の銅像が。私が子供の頃はやっていたような気がしますが、今時の子供は電車ごっこなんかやらないかな?
東京競馬場前駅



東京競馬場前駅の跡地。当時は日本一長い駅名でした。左手(北側)はマンションが建ち並び、右手は矢崎町防災公園になっていて、駅があった面影はありません。
南武線



南武線との突き当たり。競馬場へのお客さんはここをくぐって競馬場へ向かっていたのでしょう。下河原緑道はこの先の府中街道との交差点まで続いています。

その1・国分寺駅〜晴見町二丁目交差点〜航空自衛隊府中基地
その3・競馬場方面支線分岐点〜下河原駅〜多摩川

【Amazon.co.jp】 日本鉄道旅行地図帳 4号 関東2―全線・全駅・全廃線 (4)


下河原線廃線跡ウォーク(その2)  「Delicious Way」 トップページ
Copyright(C) Shimokita Mutsuo.