愛国駅【国鉄広尾線】

愛国駅舎(交通記念館) 所在地北海道帯広市
愛国町基線
地図
開業日昭和4年11月2日
廃止日昭和62年2月2日
訪問日平成12年2月11日
 

■ Report ■

愛国は現役時代、「愛の国から幸福へ」のキャッチフレーズで有名になった駅で、昭和49年頃?には100万枚以上も切符が売れたらしいです。国鉄広尾線の廃線から15年以上たった今でも、多くの鉄道ファンが訪れる人気スポットです。今は愛国駅の駅舎は交通記念館になっていますが、12/1〜2/28は日曜日だけ開いているため、この日は入ることが出来ませんでした。今度は雪のない時に行ってみたいと思います。

■ Photo ■

愛国駅舎2
ホーム側から。青いカバーがかけられているのはSLです。
愛国から幸福ゆき
駅舎右横にある切符の石碑。
愛国駅名標
「たいしょう」のローマ字が間違っていますが、まあ、ご愛嬌ということで。
愛国駅前
愛国駅前。交通記念館が開いている時は、ここで切符が買えるらしいです。

■ Access ■

愛国駅へは帯広駅から中札内、広尾行きのバスで行くことができます。バスの本数は多いので、幸福駅と一緒に訪問するといいと思います。

帯広駅−(31〜33分)−愛国−(15分)−幸福−(83〜84分)−広尾

※平成14年5月現在(最新の情報は十勝バスのサイトでご確認願います。)

【楽天市場】 愛国駅から幸福駅切符入りキーホルダー


愛国駅【国鉄広尾線】  「Delicious Way」 トップページ
Copyright(C) Shimokita Mutsuo.