切符(硬券いろいろ)

石勝線、下北交通、国鉄の硬券画像です(一部軟券あり)。一部の画像を、「always」の国仲涼太様より御提供頂きました。無断転載は固くお断りします。
JR石勝線
硬券・滝ノ上駅 硬券・十三里駅 硬券・新夕張駅
硬券・楓駅 硬券・沼ノ沢駅 硬券・南清水沢駅
硬券・鹿ノ谷駅 硬券・夕張駅
これらの8枚は、全て平成15年1月12日(日)に新夕張駅で購入しました。日付が1月14日になっていますが、新夕張のみどりの窓口の営業時間は平日7時25分〜15時30分、日曜・祝日休みとなっているため、営業時間外の日付を刻印するわけにはいかないとのことで、14日付けになった訳です。ちなみに、営業時間外は2階の事務室に申し出れば購入できることになっています(改札を入って左手の通路を進むと左手に階段があります)。清水沢駅がありませんが、清水沢は窓口(みどりの窓口ではない)があるため、新夕張では発行していません。私が清水沢に行った時には残念ながら閉まっていて入手できませんでした・・・。
下北交通大畑線
硬券(田名部−大畑) 硬券(大畑−正津川) 硬券(大畑−川代)
樺山駅・駅名補充式乗車券
樺山は硬券が発行されておらず、駅名補充式乗車券でした。でも、これはこれで貴重な1枚です。よぉーく見ると(画像をクリック)、日付が昭和のまま・・・
大畑線入場券セット
ラミネート加工された入場券セット。こうしてみると、せっかくの硬券もなんだか味気ない物に見えてしまいます。一番上の写真は下北駅です。(田名部駅で購入)
下北交通大畑線は平成13年4月1日に廃線になりましたが、樺山は4月から11月までしか停車しないため、前年の11月30日に一足先に歴史に幕を閉じました。そのため全駅訪問はこの11月の3連休が最後のチャンスと思い、平成12年11月3〜4日に行きました。硬券があるとは知らなかったので、思わぬ収穫でした。でも、海老川陸奥関根がない・・・全駅分買っておけば良かったと後悔しています。
国鉄の硬券など
国鉄硬券・鶴岡
私が持っている最も古い硬券。多分親か親戚に貰った物だと思います。
国鉄硬券・大井町
路線図付きの硬券。昭和59年に廃止された相模線寒川支線が記載されています。
国鉄硬券・都賀
"国鉄線"の文字が入った硬券としては、これが一番古いかな。
国鉄軟券・成田
国鉄の軟券。"国鉄線"の文字が辛うじて判読できます。
江ノ電硬券・鎌倉
江ノ電の硬券。でも国鉄乗入れの切符なので、あまりそういう感じはしませんね。
小田急硬券・藤沢
小田急線の硬券。日付が斜めに刻印されています。だから何だと言われればそれまでですが。
ロマンスカー硬券・新宿
ロマンスカーの硬券。これも多分親か親戚に貰った物だと思います。
国鉄硬券・都賀−佐貫町
都賀−佐貫町の営業キロは58.7km。当時はこの程度の距離で往復割引が適用されていたんですねぇ。
硬券・振替乗車票
小田急永山駅でもらった振替乗車票。これだって一応、硬券です。
北海道ちほく高原鉄道 ふるさと銀河線 「日ノ出駅2000年1月1日記念切符」

日ノ出駅記念切符1  日ノ出駅記念切符2  日ノ出駅記念切符3
〔左〕:袋に入った状態,〔中〕:岡女堂駅の銀河豆神社の御祈祷御守,〔右〕:硬券切符(白色の厚紙)

北海道ちほく高原鉄道とマイカルグループの協同商品で、「サティ原町店(閉店)」の初売りの時に、100枚限定で無料で配布されていたとのことです。
2000年12月31日まで有効で、入場券の裏面に書かれている通し番号が「2000」となっています。

※画像提供:国仲涼太様

【Amazon.co.jp】 鉄道きっぷクロニクル―鉄道きっぷでたどる日本の鉄道130年史


切符(硬券いろいろ)  「Delicious Way」 トップページ
Copyright(C) Shimokita Mutsuo.