駅と丸ポスト

丸ポストのページで紹介した写真の中から、駅と一緒に写っているものを集めてみました。地域や路線はバラバラですが、大体北から順に並んでいます。
このページ内の一部の写真を、「always」の国仲涼太様より御提供頂きました。無断転載は固くお断りします。

北浜駅(JR釧網本線)

丸ポスト(JR北浜駅)木造駅舎に丸ポスト、いい感じです。オホーツク海に一番近い駅で、流氷観光スポットとしても有名です。駅舎内にはレストランがあり、待合室の壁は旅人が貼った定期券や名刺などで埋め尽くされています。

【所在地】 北海道網走市北浜
【撮影日】 1999.3.7

北浜駅のページ

洞爺駅(JR室蘭本線)

丸ポスト(JR洞爺駅)駅を出ると目の前に丸ポストが鎮座しています。これは丸ポストを撮ろうとした訳ではなく、駅舎を撮ったらたまたま写っていたものです。

【所在地】 北海道虻田郡洞爺湖町旭町
【撮影日】 1997.8.19

洞爺駅のページ

山寺駅(JR仙山線)

丸ポスト(JR山寺駅)寺院風の木造駅舎と丸ポストのコラボ。山寺は駅の北側にある立石寺の通称で、松尾芭蕉が「閑かさや 岩にしみ入る 蝉の声」と詠んだことで知られています。

【所在地】 山形県山形市山寺
【撮影日】 2011.7.16

磐城太田駅(JR常磐線)

丸ポスト(JR磐城太田駅)簡素ながらも派手な色使いの駅舎が青空によく映えています。晴れの日も、雪の日も、まるで用心棒の如く立ちすくんでいます。

【所在地】 福島県南相馬市原町区高
【撮影日】 2005.3.6
【写真提供】 国仲涼太様

※東日本大震災により休止中。

湯野上温泉駅(会津鉄道会津線)

丸ポスト(湯野上温泉駅)江戸時代の宿場町・大内宿の雰囲気を体現している、日本で唯一の茅葺き屋根の駅舎。「東北の駅100選」に選ばれていて、駅舎の中にはなんと囲炉裏があるそうです。丸ポストは写真の左下に写っています。

【所在地】 福島県南会津郡下郷町湯野上字大島
【撮影日】 2005.8.11
【写真提供】 国仲涼太様

岩井駅(JR内房線)

丸ポスト(JR岩井駅)駅舎の前にあるキヨスクの前にあります。岩井駅は、平成9年3月にこのオレンジ色の屋根が鮮やかな駅舎に改築されましたが、今時貴重な国鉄タイプの駅名標が残っています。駅舎内にはウォーキングセンターやコミュニティースペースが併設されていて、夏になると近くの岩井海岸への海水浴客で賑わいます。

【所在地】 千葉県南房総市市部
【撮影日】 2005.9.11
【写真提供】 国仲涼太様

御嶽駅(JR青梅線)

丸ポスト(JR御嶽駅)改札を出てすぐ右、駅舎内と言ってもいいぐらいの位置にあります。近くにある御嶽神社を模した駅舎と見事に調和しています。

【所在地】 東京都青梅市御岳本町
【撮影日】 2009.9.12

御嶽駅のページ

宮ノ平駅(JR青梅線)

丸ポスト(JR宮ノ平駅)折しも運悪く新しい駅舎の建設工事中でした。左の車が邪魔だったこともあって、上手く撮れませんでした。左後方に駅名標が写っているのが救いです。工事は2009年8月21日から12月中旬の予定で、もう新しい駅舎が出来ているはずなので、また行きたいと思っています(←いつになることやら)。

【所在地】 東京都青梅市日向和田
【撮影日】 2009.9.12

宮ノ平駅のページ

鷹の台駅(西武国分寺線)

丸ポスト(鷹の台駅)駅舎が写っていないのでちょっと反則ですが、改札口を出て左へ30秒ほど歩いたところにあります(駅舎の南西側)。東村山方面のホームを眺めるように鎮座していて、1年365日、電車が行き交う様を見守っています。

【所在地】 東京都小平市たかの台
【撮影日】 2006.5.4

府中本町駅(JR南武線・武蔵野線)

丸ポスト(JR府中本町駅)ご覧の通り、改札口の目の前にあります。府中市内には丸ポストがたくさんありますが、駅前にあるのはここだけです。ただ、丸ポストの後ろがタクシー乗り場になっているので、駅前から駅舎と丸ポストを一緒に撮るのは非常に難しいです。

【所在地】 東京都府中市本町
【撮影日】 2006.4.22

多摩動物公園駅(多摩都市モノレール)

丸ポスト(多摩動物公園駅)この写真の右手に多摩動物公園があり、丸ポストはいつも大勢のお客さんを出迎えています。丸ポストはモノレールの駅舎の東側にあり、京王線の駅舎は道路を挟んで向かい側にあります(この写真の左手)。

【所在地】 東京都日野市程久保
【撮影日】 2007.8.15

【Amazon.co.jp】 日本全国 丸型ポスト(レトロ写真集シリーズ)


駅と丸ポスト  「Delicious Way」 トップページ
Copyright(C) Shimokita Mutsuo.