貴ノ浪 貞博(たかのなみ・さだひろ)

本名浪岡 貞博(ただひろ)
生年月日昭和46年10月27日
出身地青森県三沢市
鉄道青い森鉄道・三沢駅
経歴三沢第二中
所属部屋藤島→二子山(平成5年3月)→貴乃花(平成16年3月)
改名歴浪岡 貞博→貴ノ浪 貞博(平成3年3月)
身長・体重196cm・164kg
初土俵昭和62年3月
新十両平成3年3月
新入幕平成3年11月
最終平成16年5月
年寄名音羽山
最高位大関
幕内在位76場所
得意手左四つ寄り、極め出し、小手投げ、河津掛け
通算成績777勝559敗13休
幕内成績647勝473敗8休
愛称にょ浪
趣味映画鑑賞
没年月日平成27年6月20日

小学校2年生の時に相撲を始めた。中学卒業後は高校に進学して相撲を続けるつもりだったが、中3の時に講演のため青森を訪れていた藤島親方(のち二子山親方)に勧誘されて入門した。長身で懐が深く入門時から有望視され、19歳の若さで十両昇進を果たした。巨体を生かした強引で型破りな取り口は、マスコミや解説者から批判されがちだったが、その後も順調に出世し、平成6年3月に武蔵丸とともに大関に昇進した。平成8年1月には初優勝を遂げ、場所後に三沢市内をオープンカーでパレードし、故郷に錦を飾った。その後足首の怪我などで2度大関の座を明け渡したが、陥落後も長く現役を続け、明朗快活、頭脳明晰で現役力士のご意見番として存在感を示した。引退後は音羽山を襲名し、貴乃花部屋で後進の育成に当たっていた。

【生涯星取表】  昭和62年−平成4年 | 平成5年−10年 | 平成11年−16年

優勝・三賞
・ 平成5年5月 敢闘賞(1)
・ 平成6年1月 敢闘賞(2) ※翌場所新大関
・ 平成8年1月 幕内優勝(1)
・ 平成9年11月 幕内優勝(2)
・ 平成14年11月 敢闘賞(3)
金星
・ 平成14年11月(5日目) 武蔵丸(下手投げ)
・ 平成15年7月(4日目) 武蔵丸(叩き込み)
DVD
激闘!大相撲〜記憶に残る名力士列伝〜怪力無双編(Amazon.co.jp)
リンク集
貴乃花部屋(公式サイト)

貴ノ浪 貞博  「Delicious Way」 トップページ
Copyright(C) Shimokita Mutsuo.