若天狼 啓介(わかてんろう・けいすけ)

本名上河 啓介
生年月日昭和52年10月18日
出身地北海道根室市
鉄道JR根室本線・花咲駅
経歴光洋中
所属部屋間垣
改名歴上河 啓介→若天狼 啓介(平成7年11月)
身長・体重184cm・165kg
初土俵平成5年3月
新十両平成13年11月
最終平成23年5月(4月5日付け)
最高位十両2
十両在位23場所
得意手突き、押し
通算成績448勝406敗71休
十両成績136勝170敗24休
愛称ケイスケ
趣味ウエートトレーニング

小学校低学年から中学校まで野球をやっていて、成績も優秀で小学校、中学校とも生徒会長を務めた。相撲の経験はなかったが、父親の知人である元力士を通じて師匠(若乃花)にスカウトされ、「一人の力で出来る」、「親孝行になる」と言われ入門を決意した。「若天狼」の四股名は、大犬座の主星・シリウスの中国名「天狼星」にあやかって父親が命名した。なかなか十両に定着できず、西十両8枚目だった平成16年1月には左膝内側側副靭帯を断裂、この場所から公傷が廃止されたことも手伝って17年1月には西序二段110枚目まで陥落した。しかしそこから地道に這い上がり、20年7月に西幕下3枚目で4勝3敗と勝ち越して28場所ぶりの十両復帰を決めた。平成23年2月に角界を揺るがせた八百長問題に関与していたとされ、4月1日に引退勧告を受け、4月5日付けでの引退に追い込まれた。

備考
・ 平成15年3月 ねむろ味覚観光大使に就任

若天狼 啓介  「Delicious Way」 トップページ
Copyright(C) Shimokita Mutsuo.