これでいいのか横綱昇進基準

平成18年1月場所、大関栃東が前場所の途中休場から14勝1敗の成績で復活優勝を遂げ、翌3月場所は横綱挑戦で盛り上がった。確かに、"現行制度"では2場所連続優勝すれば横綱昇進ということになるのだが、私は前年11月場所の2勝2敗11休という成績が引っかかり、釈然としないまま綱取り場所を見ていた。結果的には失敗に終わったのだが、横綱昇進基準について考えさせられた場所だった。

現在の横綱昇進「基準」は、日本相撲協会の諮問機関である横綱審議委員会の「内規」に示されている「2場所連続優勝、またはそれに準じる成績」となっている。日本相撲協会の内規ではない。大関が優勝して横綱挑戦となるたびに、「準じる」の解釈が横綱審議委員やマスコミで議論されるのだが、優勝なら12勝でも昇進とか、13勝の優勝同点なら昇進とか、様々な意見が渦巻き、協会幹部も曖昧なことしか言わず、当の本人が振り回されてしまっているのが現状である。誰かが綱取りとなる前に見直し、明確な基準を設けなければならないのは明白なのだが、困ったことに一向にその気配がない。

平成以降、旭富士から朝青龍まで6人の横綱が誕生しているが、「準じる成績」で昇進した人はおらず、6人とも2場所連続優勝で昇進している。また、旭富士は14勝(優勝同点)→13勝→14勝(優勝同点)と、3場所で40勝を挙げながら優勝がないことで見送られたり、貴ノ花(のち貴乃花)に到っては14勝(優勝)→11勝→15勝(優勝)で見送られるなど、「2場所連続優勝」に強くこだわっている印象を受ける。しかし、優勝というのは15番取り終えた後から付いて来るものであり、運によるところが非常に大きい。14勝で優勝できないこともあれば、11勝で優勝できることもあるのだから、現行の内規に従うと、極端な話全休→11勝(優勝)→12勝(優勝)でも昇進できてしまうのだ。11勝の優勝は極めて稀とはいえ、可能性がゼロではない以上考えておかなければならない。やはり、どう考えても見直さなければならないし、大関昇進には3場所分の成績が考慮されるのに、横綱昇進は2場所分しか見ないのはおかしい。ましてやその場所の優勝争いの展開次第で基準が二転三転するのは論外だ。

そうしたことを踏まえて、私なりに横綱昇進基準を考えてみた。以下4点のいずれかに該当することを昇進の条件とする。優勝にこだわるか、成績にこだわるかで大きく異なってくるのだが、既述の通り優勝は後から付いてくるものなので、成績のみにこだわった。


  1. 大関に昇進した場所から、2場所連続14勝以上を挙げること。
  2. 大関において、2場所連続15戦全勝すること。
  3. 大関において、連続する3場所で順に10勝以上、13勝以上、13勝以上を挙げること。ただし、それらの3場所の間に休場、不戦敗を含まないこと。
  4. 大関において、連続する3場所で合計40勝以上を挙げること。ただし、それらの3場所の間に休場、不戦敗を含まないこと。

以上4点。優勝の有無は一切考慮しない。また横綱に勝ったかどうか、平幕に取りこぼしたかなど、特定の力士に対する勝ち負けも考慮しない。

まず「1.」は、大関昇進から2場所で28勝以上となるが、大関昇進の直前場所は現状では少なくとも11勝はしているはずで(再大関なら10勝)、関脇→大関→大関における3場所の合計が最低38勝、平均すると約13勝となる。これはもう、横綱昇進に値する成績と言ってよいだろうと思い、連続14勝以上の場合のみ、大関2場所で昇進できるものとした。

続いて「2.」、これは文句なしだ。昇進する3場所前が休場や負け越しでも構わず、極端な話全休→全勝→全勝でも昇進とする。

次に「3.」だが、要するに順番も10→13→13でなければならず、13→10→13では不可とする。横綱になる以上、好不調の波が大きいことは好ましくないので、優勝に値する好成績を続けて残せるかということに重点を置いた。やはり、綱取りの前の場所は13勝は欲しい。また、横綱昇進の参考となる場所に休場があるのも好ましくないので、例えば10勝2敗3休の翌場所13勝しても、綱取りとはしない。

最後に「4.」、これは最初は入れていなかったのだが、栃東の平成18年3月場所終了時点での成績を思い出して加えた。というのは、1月場所14勝、3月場所12勝のため、「3.」の条件に当てはめると5月場所は綱取りとはならないが、もし全勝した場合、1月場所から14勝→12勝→15勝と、3場所で41勝にもなるからだ。これは大横綱級の数字であり、年間80勝を超えるペースの勝ち星を挙げて昇進できなかったらあまりにも厳しすぎると思ったので、加えることにした。「3.」に比べて極端にハードルが高いが、3場所で40勝は間に9勝以下があると達成できない数字なので、妥当ではないだろうか。順番は関係なく、例えば15勝→10勝→15勝でも昇進とする。


長々と書きましたが、最後までお読み下さいましてありがとうございました。横綱昇進基準については常々疑問を持っておりましたが、いざ考えてみると様々なケースが考えられ、非常に難しかったです。4つの基準を考えてみましたが、「3.」と「4.」では連続3場所の勝ち星の差が4勝もあり、果たしてこれらが適切な基準なのか自信はありません。是非相撲ファンの皆様の意見も聞いてみたいので、感想、異論など、掲示板にお寄せ頂けると嬉しいです。「それはおかしいのではないか」「私ならこう思う」など、何でも大歓迎です。また、ここで示した基準は管理人・下北陸奥男の一相撲ファンとしての個人的な見解です。したがって、このページの内容に関して、日本相撲協会に問い合わせ等は一切されないよう、お願い申し上げます。

平成18年4月2日 公開


これでいいのか横綱昇進基準  「Delicious Way」 トップページ
Copyright(C) Shimokita Mutsuo.